3.11後の世界を生きる〜地震、原発、日々の暮らし〜

6月18日(土)14時〜@中野駅南口徒歩4分エスパス・リエゾンにて

4月9日に引き続き、旅するフェアトレードカフェNOAH'S CAFE店主mihoさんをお迎えして、

お話し会を開催します。

4月に開催した時は、地震と津波の恐ろしさ、原発、放射能って何?

何が起こっているの?どう対応したらいいの?

そんな気持ちで皆が集まり、情報をシェアし話しをしました。

そして、3.11から3ヶ月が経ちました。「3.11以降世界は変わってしまった」

文字通りそれは本当のことなのだ、と日々じわじわと感じています。

生活、子育て、働き方、生き方、価値観、考え方、そういったものを変えざるを得ない事態が起こってしまった。

でもそれは同時に3.11以前にもあった問題が地震と原発をきっかけに露呈しただけのこと。

「私たちは3.11以降この世界をどう生きていったらいいか」

このお話し会が、この命題を考えるきっかけになればと思っています。

(やすだ)

 

--------------------------------------------

日時:6月18日(土)14:00〜17:00

場所:エスパス・リエゾン(中野駅南口徒歩4分)

   *場所の詳細については、お申し込みを頂いた方に直接お知らせいたします。

参加費:1000円/ドリンク付き

お申込み:お名前、参加人数をご記入のうえ下記メールアドレスまで送信ください。

info@espaceliaison.com 保多宛 このHPのお問い合わせからどうぞ!

----------------------------------------------

 

☆ mihoさんよりメッセージです。☆


「3.11後の世界を生きる〜地震、原発、日々の暮らし」

震災から3ヶ月。

新たな生活の場所に移る人。
いまいる場所で暮らし続けることを選ぶ人。
気持ちが決まらず惑う人。
皆さまの周りにも、そして自分の中にも、
いろんな声があることと思います。

最後に決めるのは、自分。
だけど、何を/どんな風に/どうやって判断して、
結論を見つけたらいいのか。

まずはこの三ヶ月の間に起きたことを振り返り、
これからどこへ向かっていったら良いのかを、
みんなで考えられたらと思います。

地震のこと、放射能のこと、被災地支援のこと。
政治のこと、生活のこと、身体のこと、心のこと。
トピックはたくさん。
けれど、一つ軸が定まれば、自ずと道は開けていくと思います。

自分はなにを軸として、これから先を暮らしていくのか。

エコビレッジやトランジションタウン、フェアトレードなど、
私が学び活動を続けてきたこれらのキーワードから、
これからの暮らしへの、一筋の光を見つけて頂けたらと思います。


押野美穂
大学では文化人類学を専攻。大学卒業後、3年半の商社勤務を経 
たのち、東京・青山にあるフェアトレードショップ「パッチワーク」に 
てフェアトレード・店舗運営などについて学ぶ。2005年3月に東 
京・中野にフェアトレードカフェNOAH’S CAFEをオープ 
ン。2009年5月に実店舗は閉店。現在は、一日カフェやイ 
ベント参加・主催などで活動中。
http://noahscafe.main.jp/
その他、阿佐ヶ谷イネル・中野カルマ・トランジションしたまち・ 
EDEキッチンetcでも活動中。