2012年

1月

09日

ひさしぶりのブログ再開!

2012年 明けましておめでとうございます。

 

 

悪い夢のような2011年が終わり,気がつけばもう2012年!

ずっと更新していなかったこのHPですが、再開してみました。

 

なのはなこどもプロジェクトの主な活動キッズパレードは梅雨入りとともに実質お休み状態となり

入れ替わるように、前回のブログにもある「東北支援なかの」

のみなさんにお誘い頂いた「原発のない未来を!なかのアクション」の発足、

3回連続講座への参加が主な活動になって行きました。

 

 

イベントはとても大変でしたが、本当にたくさんの経験をさせていだきました。

同じ志をもったみなさんと繋がれたことで、自分たちでも何かアクションが起こせるんだ!

というしっかりした実感を持つ事ができました。

 

それでも、そんな個人的な想いは置き去りに、福島、東京、日本、何も変わっていない現状。

悲しみも不安も、今日までずっと続いています。

あまりに大きな闇に、いまだ途方に暮れてる日々。

今の自分には一体なにができるんだろう。。。。そんな事ばかり考えています。

 

 

思い返すと、このプロジェクトを作ったsatoeとemikoわたしたち2人は

始めて参加した4,10高円寺デモで、多分うまれて始めて「げんぱつはんたーい」と

大きな声で叫びました。高円寺の街を歩きながら何度も何度も声に出しました。

もちろん、いままでも原発は当然反対でしたが

自分たちが反原発のデモに参加する日が来るとは。。。。

いろんな想いに心を揺さぶられ、この日は私にとって一生忘れられない日になりました。

 

実際に声に出す事がすごくすごく大事だと感じた私たちはデモをしながら話しました。

「近所で、もっと気軽に家族もこどもも一緒にデモしようよ!」

 

ここからこのプロジェクトはうまれ

そのあとすぐに中野で長年活動されている先輩たちにもご協力いただき、キッズパレードが実現。

いま、ここにいるわたしたちにできる意思表示。

身の丈にあった活動、いまの自分のやれること。

これは自分にとっても311以降の道しるべとなるような、ひとつのかたちになりました。

 

そんな活動を一緒に考えて一緒にやってきた来た大切な仲間、satoeちゃんファミリーは

まだ小さなこどもたちを守るため、秋に高知県へ移住して行きました。

とっても寂しいけれど、これが現状です。

東京でのこのお別れに何度泣いたかわかりません。

東京の私ですら、こんなに悲しい事がたくさんあるのに

被災地の方々の気持ちを思うと...本当に胸がいたくなります。

 

これからの事を考えて今も途方に暮れていますが

いま東京にいる私にできること、移住して行った仲間たちとできること

近くの仲間とできること、これから出会う誰かとできること

一緒に知恵を絞って、工夫してこの世界を生きる力を身につけたい。

 

東北への想い、福島への想い、こどもたち、希望や未来へ

自分にできることはなんでもしよう、これから終わる事なく

無理をしない小さな活動を続けて行こうと思います。

 

本年もどうぞよろしくおねがいいたします。(え)

 

*高知のsatoeちゃんは移住した仲間たちと素敵な事はじめました!

http://hibi-iki.com/

 

0 コメント

2011年

5月

10日

5.8 東北支援・なかのチャリティーバザー@中野新井薬師公園

 連休最終日のよく晴れた日、中野新井薬師公園で「東北支援・なかの」のチャリティーバザーが出店していました。

「東北支援・なかの」は中野の「いろんな人たち」が集まり、直接現地に物資を届けたり、こうして月に一度チャリティーバザーなどの活動をしているそうです。

 現地から仕入れた加工品(ドリンクヨーグルト、かりんとう)や野菜などを使ったメニューも販売。

何より料理がおいしくて感激。塩味の焼きそば、中華ちまき、ソーセージと野菜のハーブ蒸しなど。

その他ライブや古着や食器雑貨の販売も。

 そして20年ほど前に作られたという反原発キルトが飾られていました。

0 コメント